[パブコメ明日まで] by まったり*まろまろ
リチャードソンジリスのまろとひめとその仲間たちの日常です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パブコメ明日まで
2011年08月26日 (金) | 編集 |
パブコメの締切、明日、27日(土)です

IMGP9530.jpg

まだだしていらっしゃらないという方、下記のサイトで、簡単に作成することができます

パブコメ作成ツール→http://cats.velvet.jp/pc/pc.html


※パブリックコメントの受付メールアドレスが容量オーバーになって
受付されず帰ってきてしまう状態があったようです。
締切直前となると、またオーバーすることがあるかもしれません。なるべく余裕をもって送って下さい。
そして、戻ってきてしまう場合は、時間をおいて再度トライしてみてください。

kako-lh8SepQt4lyxRPoB.jpg

今回の改正は犬猫の問題が主になっています。
ペットは犬猫に限ったものではなく、そして、犬猫以外のいわゆるエキゾチックアニマルが
おかれている状況のほうが厳しいということは、小動物飼いのみなさんは
色々な形で実感されているのではないでしょうか?
ぜひ、小動物に関する意見も書いて提出されてください。
今回の改正が犬猫に関することしか改正されなかったとしても
小動物に関する意見が多ければ、次の正義論に反映される可能性もあるそうです。


動物たちのより良い未来のために、ぜひ、提出されてください。


今日もきてくれて ありがとう 



以下に、私が送ったパブコメもアップしておきます。こんなものでよければ、参考にされてください。
これに加筆、修正されても、そのままコピペして送っていただいてもだいじょぶです。よろしくお願いします。
メールの件名は、 「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見  として下さい。
メールの送付先は shizen-some@env.go.jp

---------------------------------------------------

1.意見提出者名 : **** ***
2.住所 :〒***-**** ********
3.連絡先
  連絡先電話番号 :***-****-****
  電子メールアドレス :******



4.意見 :

私は、「動物取扱業の適正化について(案)」の「2.各論」につき、次のとおり意見を述べます。


(1)深夜の生体展示規制

意見:20時以降の生体展示を禁止する事に賛成します。

理由:
●睡眠時間が多く必要な子猫・子犬へのストレスが大きいから。
●動物の生活が不規則になり、心と体の発育に不健康だから。
●展示時間に制限を決め、休憩時間などの具体的な数値を決めるべき。


意見:取り締まりを犬や猫に絞ることに反対します。

理由:
●規制の対象を免れた品種への虐待状況が改善されないため。
●すべての哺乳類を対象とすべき。
●長時間の連続展示によってストレスを受けるのは、むしろ小動物のほうが心身にかかる負担は大きい。


(2)移動販売

意見:移動販売の規制に賛成します。

理由:
●販売後のアフターケアや問題発生時の業者の特定が難しくなるから。
●移動を続ける業者は病気になった動物への治療やケアを怠りがちだから。
●移動販売という期間が限定されていることが、衝動買いを助長させる恐れがある。


(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化

意見:飼い主と販売者が顔を合わし、実際の動物を見て取引することを義務化することに賛成します。

理由:
●クリックひとつで安易に購入できることで、飼い主が動物を飼うことに対して責任感を抱きにくく、遺棄に繋がりやすいため。
●空輸、陸送により幼い犬猫が死に至るケースがあるため。
●犬猫ウサギなどのほ乳類に関しては現物を見ず購入する販売方法を禁止すべき。


(4)犬猫オークション市場(せり市)

意見:規制に賛成します。

具体的な規制方法:
●オークションについて「動物取扱い業に含む」ことを求めます。
●オークションについて「トレーサビリティーの確保を義務づける」ことを求めます。
●買い手が犬猫の情報を取得できない、繁殖業者と販売業者が直接交渉できないシステムであることから、売買取引として禁止すべきである。


(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢

意見:8週齢(56日齢)未満の犬猫の親兄妹からの引き離しを禁止することに賛成します。

理由:
●飼い主に噛み付く、しつけができず吠えるなど、問題行動の原因となり、手に余らせた飼い主が保健所へ持ち込み、殺処分となるケースが非常に多いため。
●適切なワクチンの接種と定着を図るため。(ワクチン未接種の幼犬、幼猫が流通し、ショップで伝染病に集団感染するケースがある)
●悪質ブリーダー(パピーミルと呼ばれる生産工場)が、無制限にどんどん産ませ、飼育コストがかからない幼いうちに販売し、販売後に遺伝病や重大疾患が発病するケースが増えているため。


意見:犬猫に限らず、うさぎなどの小動物についても、個別に引き離す日程を決めるべきである

理由:
●離乳前の個体を販売するのは、幼体に負担が大きく、購入した後に体調を悪くしたり、突然死するケースがとても多く発生している。
犬猫以外の小動物に関しても、日程を決め、少なくとも完全に離乳するまで、展示、販売すべきではないと考える。


(6)犬猫の繁殖制限措置

意見:生涯における出産回数・繁殖間隔等の制限を設けることに賛成します。

理由:
●現在の「ブリーダーの自主規制にまかせる」では、大量繁殖による母体への負担や健康面への悪影響が起き、また売りきれない個体を保健所に持ち込むなどのケースが目立つため。
●猫の繁殖制限についても、同様に検討すべきである。
他の哺乳類に関しても規制を導入すべき。
業者任せの自主規制であってはいつまでたっても改善が望めない。



(7)飼養施設の適正化

意見:
●適正な施設のサイズや温湿度設定等の数値基準を設けることに賛成します。
●犬猫だけでなく、うさぎなど、動物取扱業に入っているものについても、同様の適正化を行なう事に賛成します。

理由:
●現在の施設基準には明確な数値基準が無いために、業者によっては虐待に近い飼育環境であるため。


(8)動物取扱業の業種の追加の検討

意見:
●埋葬業者を追加することを求めます。
●両生類・魚類販売業者を追加することを求めます。
●老犬・老猫ホームを追加することを求めます。
●動物の愛護を目的とする団体を追加することを求めます。
●教育・公益目的の団体を追加することを求めます。

理由:
●規制・監督の下で、適切に運用されることが望ましいため。


(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)

意見:関連法案等に違反した動物取扱業の登録拒否・取消を行なえる条項を追加することに賛成します。

理由:
●法令違反した業者は登録を抹消されるべき。


(10)登録取消の運用の強化

意見:法令に違反した際、動物取扱業の登録拒否・取消を行なえる条項を追加することに賛成します。

理由:
●罰則を強化。多頭飼育崩壊を避けるため、取り消し勧告を設定。一定期間後に業の廃止を規定。


(11)業種の適用除外(動物園・水族館)

意見:動物園や水族館などの施設を動物取扱業から外すことに反対です。

理由:
●取扱い業に関わる面があることから適切な飼育のためにも除外すべきではない。


(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)

意見:研修の緩和は反対です。細分化は賛成します。

理由:
●いずれの業種も取扱い業との関わりを持つ施設であるため。


(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)

意見:説明義務の緩和に反対します。

理由:
●小さい・安いに関わらず命ある動物を飼う責任への理解は必要です。
●むしろ、より厳密な管理が必要な、日本の生態系を変える恐れのある外来種などは、今の説明義務の内容では不足と考えられます。
●温度管理や夜行性、多頭飼育の適さない動物など説明は徹底すべきです。
●口頭のみだけでなく文章を渡すなど、説明義務を果たしたという記録の取れる方法を検討すべきです。
●飼育方法等の詳細な説明を要するのは犬猫以外の他の小動物も同様に必要で、むしろ、小動物のほうが、犬猫に比べ飼育が困難なため、犬猫以上に説明の必要性は高いと考える。
販売時に説明がなく、誤った飼育をしてしまい生体の健康を害してしまったうケースが多い発生している。
また、成長して、大きさや気性などが変化することで、飼育困難となり、捨ててしまうケースも多発している。これらは、販売時にきちんと説明することで、ある程度防げるものではないかと考える。


(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)

意見:登録制から許可制に強化することに賛成します。

理由:
●登録制のままでは規制(指導・勧告のみ)のみが弱く、管理ができないため、行政による取り締まりの実行をともなう許可制にする必要があります。
●公益性の高い事業は免除項目の検討も必要。

以上


---------------------------------------------------

意見提出者氏名、住所、連絡先、意見のうち、どれかひとつでも洩れがあると無効です。

メール文章が「テキスト形式」であることを確認してください
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さすが!素晴らしいパブコメですね。
私はここまで、小動物に対しての意見を盛り込まなかったので
小動物に関する意見について同意の方は、
まろまろさんを参考に作成するとよりよいものが送れるのではないでしょうか。

皆の意識が高まっている今、
必ず良い方向に向かうと信じたいですね^^。
2011/08/26(Fri) 13:55 | URL  | けい #-[ 編集]
さすが!なパブコメです。同感です。
私はこれで正解なのか自信がなくて、自分のを公開する勇気がなく…
でも最後まで、みんなにお願いしてます。
こんな簡単に作成できるサイトがあったのですね。
会社の人とかも頼んだら意外と送ってくれたし、そういう人がたくさんいて
これで変わると良いのですが。
2011/08/26(Fri) 16:08 | URL  | coco #-[ 編集]
ありがとう!!
ず~と気になっていて、
でも、難しそうで躊躇してましたぁ~。
さすがにここまで丁寧に書いてくださっていれば、私でも大丈夫v-218
早速!今、送りましたぁ~v-422v-411
少しでも毛皮ちゃんたちに、より良い未来がきますようにv-432
2011/08/26(Fri) 20:07 | URL  | ひでやん&あやこ #NL852uQM[ 編集]
今、送信いたしました。最終日が土曜日でよかった~♪
小さな力のつながりが、幸せにつながりますように♪
2011/08/27(Sat) 09:57 | URL  | カフナ #-[ 編集]
■お返事です■
おけいさん

パブコメ、どのぐらい一般から提出されるんでしょうね
5年前に比べたらきっとすごく増えているのじゃないかと思うので
いい方向に変わればよいですよね
ってか、へんてこな法案が決まった日にゃぁ・・・・

cocoさん

正解なんてないのですよ
個人のいち意見ですからね^^
それに、私も、いちから自分でかいてるわけじゃぜんぜんないですし
会社の方も送ってくれたんですね
いい方向に変わってくれるといいですよね

ひでやん&あやこさん

なんとぉ~そう言っていただければ
アップした甲斐があります^^
本当に、動物たちにとってよい未来がくることを願うばかりです

カフナさん

お送りいただきありがとうございます~
なんというか、私ひとりが送っても変わんないだろうしぃ~みたいに思わず
提出していただけたという、その思いがうれしいです
小さな力も集まればきっと大きな力になりますよね
2011/08/27(Sat) 19:18 | URL  | まろまろ #t50BOgd.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass: ※コメントの編集・削除に必要
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。