[2011年01月30日] by まったり*まろまろ
リチャードソンジリスのまろとひめとその仲間たちの日常です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まろさんお迎え2周年
2011年01月30日 (日) | 編集 |
昨日で、まろさんをお迎えして、2年がたちました (* ̄∇ ̄)/

これ は、うちに来た日の、まろさんです

IMGP5040.jpg

お迎えの時に、ショップの勧めで購入した、リス用のケージ、翌日交換してもらいに行きました
敷材もウッドチップ敷いてますが、これも数日でやめました
思えば、ショップに言われて最初にそろえたものは、ことごとくダメなものばかりでした

まろさんとのショッでの出会いは、以前、ブログに書いたことがあるので
今日は、お迎えしてからの、格闘を書いてみようかと思います

IMGP5205.jpg

まず、ケージは、リス用のものは高さがあって床面積が少ないので、ラビットケージに交換してもらいました
でも、今度はすき間から脱走してしまい、また交換というのもあれなので、出れないように対策をしました
回し車は、ショップにいた時に据え付けられていた、サイレントホイール21
飼っている方ならおわかりになると思いますが、これは小さすぎるので、これもビッグに交換してもらいました
まぁ、まろさんの場合、いまだに回し車を回したことは一度もないんですけどね
それから、ペレットは、サンコーデグーバランスフードをすすめられ使用していましたが
後日、あれはおやつ的なものがいろいろ入っているからよくないよと教えていただき、すぐにやめました

IMGP5215.jpg

まろは、ショップの売れ残りで、1才になる前のお迎えでした
リチャについて何にも知らない私がお迎えしてしまったことに加え、このお迎えのタイミングも悪かった
なぜなら、まろをお迎えして、しばらくして発情期がきたからです

色々ためしてみたけれど、ほとんど牧草を食べない、ケージかじりはひどい
色の濃いちっこが病気なのか心配になる・・・・etc

この、ケージかじりの心配に拍車をかけたのが、主治医の診断でした
下切歯が開いたり閉じたりするのを不可解に思って受診したら、折れてはいないけれど、ぐらぐらしていると診断され
( まろさんの歯の様子の動画はコチラ )
その後は、少しでもかじかじしていると、これ以上歯に異常がでたら困ると、勘違い&過剰反応してしまったのです

PA0_0033.jpg

これは、仕事場のまろさん
この時期、仕事がとってもひまだったこともあって、まろを事務所へ連れて行っていました
簡単に衣装ケースを改造したものを事務所用に作ってみたり
(これも、けっこう色々と改良・改造を重ねました)

IMGP5422.jpg

やっぱり、だせだせがひどいと、自由に放してみたり
リードにつないでみたら、ひもを噛み切って逃走したり・・・・・
とにかく、これ以上、歯が悪くなっちゃぁ大変だってことで、ちょっとでもガジガジしてたらあせりましたよ

その後、どうにもならなくって自宅の一室で放し飼いにするということもしてみました

kako-Pi8efUunSJcKWtwM.jpg

和室だったので、柱やらあちこちかじられました
出入り口であったふすまはひどくて、PPシートで保護してみたり、これも色々と工夫をしたけれど、うまくいかず・・・
どうしようもなくなってしまったので、物置にしていた3畳間を改造することになったのです
( 以前、ちらっと書いたことがあるのですが、この3畳間を改造する前に
ここに置いてあった荷物の置き場がないので、まず、ロフトベッドを自作したのでありました )


IMGP5383.jpg

そうして、今のリチャ部屋の原型がが出来上がり・・・・

IMGP5393.jpg

それからしばらくして、新しくお迎えしたひめ蔵さんが来て

IMGP5423.jpg

ひめ蔵さんがコクシジウムに感染していたことから、ブログを始めたのでありました
(その節は、みなさんにお世話になりました)

IMGP5300.jpg

想えば遠くへきたもんだ・・・・・

そして、これから、どこへ向かうのかしらね?ねぇ、まろさんっっ

IMGP5221.jpg

長々とおつきあい下さりありがとうございます。特におちもまとめもなくて、すんません。おわり。

今日もきてくれてありがとう 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。