[ケガ・病気] by まったり*まろまろ
リチャードソンジリスのまろとひめとその仲間たちの日常です
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てとさん、その後
2013年04月22日 (月) | 編集 |
すっかり、ごぶさたさまでございました
いつの間にやら、あれから二週間も経過してますね(汗)
忙しかったわけではないのです、また、例の、ヤルキナスが・・・・(;´Д`A ```

とってもご心配をおかけしておりましたが、その後、てとさんは、順調に回復しています

20130422-1.jpg

写真だと、体重や痩せ具合などは分かりづらいかと思いますが
目の輝きだったり、毛づやが違うのは、伝わるかしら?

140gだった体重が、今現在で、176gまで増えました
食欲も、充分あって、大好きなクローバーの葉にも、この通りのがっつきよう・・・

20130422-2.jpg

てとさんは、もともと小さな子だったのですが
増えたとはいえ、まだ、やせているのには変わらないのですが
このまま順調に増加していってくれればと思います

ぱっと見では、不調がわかりにくい、草食動物さんなので
普段から、小さな変化を見逃さないことや、定期的な体重の測定は大事なのだなぁと
再確認するとともに、猛反省です m( __ __ )m

以前、ひめ蔵さんに、ガッツリやられてしまったおハゲも、かなり毛が生えてきました

20130422-3.jpg

換毛なのか、りりしい「まゆ毛」ができてますけどね (* ̄m ̄)プッ



今だから言えますが、正直、あの時は、もうダメかもしれない、なんて思っていました
それぐらい、重篤な状態だったと思います

20130422-4.jpg

そんな状態になるまで気づいてあげられなくて、お世話係り失格です
本当にごめんね、てとさん

20130422-5.jpg

まだ、元の体重には戻っていないですが、食欲もあるし元気もあります
このまま、順調に回復していってくれればと思います
私も気をつけるから、てとさんも、好き嫌いせずに、なんでも食べてね~

20130422-6.jpg

皆様には、ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした
心配かけたまま、ブログを長期放置してしまい、重ねてお詫び申し上げます m(_ _;)m

次回は、ガリガリ君こと、まろさんをお送りします ( ̄∇ ̄;)モンダイガサンセキー

絵文字

一日一花
kako-zLyJi7WP2YgtR0BK.jpg
キランソウ(金瘡小草)シソ科
花言葉は、追憶の日々

今日もきてくれて、ありがとう 
スポンサーサイト
てとさん病院へ
2013年04月09日 (火) | 編集 |
本日は、めずらしくお休みだったのですが、朝一番に一大事が発生、病院へ走ることに・・・・

いつも、朝のお世話の時には、デグさんずはケージの一番上にやってきて
私を見上げて、ごはんーごはんーと鳴くのですが、てとさんがいない・・・・!?(・_・;アレ?

見てみると、床でじっとしてる
抱っこしても動かない、そして、冷たい
さらに、今まで気がつかなかったけど、背骨がゴツゴツでガリガリ

とりあえず、タオルにくるんで温める

20130409-2.jpg

体温が下がっている時には、急激にあたためるのはNG
日当たりのいい窓際で、ひたすらじっとあたためる・・・・

20130409-3.jpg

何か食べるかなぁと思い、水分もとれるので、ニンジンをあげてみるも食べない
りちー印の乾燥りんごの皮をあげてみるも、手でつかむ元気も、かじる元気もないよう

20130409-4.jpg

普段なら、こんなにおとなしくくるまっているわけはないのに、それだけ元気がないということ( ;_;)
なでなですると、小さな声で鳴く
多分、嫌がってるんでしょうね、精一杯の抵抗なのかもしれない


音声有で再生すると、てとさんのか細い声が聞けます

おそらく威嚇なんだと思うのですが、口をあけるので
こんな時になんだが、デグさんの口の中って、こんななんだと、初めて知った

20130409-5.jpg

ってか、口の中一体どうなってんの??


その後、キャリーにフリースを詰め込んでくるんで、病院へGO(低体温の時にカイロはNG)


2月21日の受診時には200gだった体重が140gまで減っている
脱水状態。肺や心音に異常はなし。

今日まで食欲・尿や便に異常はなかったけれど、この体重減は、当然、昨日今日のものではない
原因はわからないけれど(うちの係りつけの病院ではちっこい子の血液検査ができない)
草食さんは具合が悪いのを隠すので、表に出た時は、かなりきちゃってるということになる
点滴をしてもらって、強制給餌用のエサをだしてもらい帰宅

kako-Qr2EuwgAbZO3NgLo.jpg

 再診料:  700
 皮下補液: 1800
 処方食: 2800
 スポイト: 300  合計:5880円

強制給餌の前に、再び、何か食べないかあげてみると・・・・

20130409-6.jpg

体温は下がったまんまだけれど、点滴で少し力がでたんでしょうね、りっちー印を食べました
さらに、クローバーの葉をあげたら、むしゃむしゃ食べ出したので、降ろして食べてもらうことに

20130409-8.jpg

大好きなはずのニンジンは食べず、ひたすらクローバーの葉を食べてました(右手前のは、ミント)

こんな時に何だが、のっけられずにいられなかった

20130409-9.jpg

そんなことも気にせず、ひたすら食べ続けるてとさん

体重を計ってみると、点滴が10g弱あるわけだけど、それを差し引いてもちょっと増えた

20130409-10.jpg

けっこう食べてくれたね

その後、暖房を入れ保温球をつけケージに戻しました
今は、保温球にへばりついていたりはしますが、動いて、ご飯も食べています


少し前には、てとさんもサラダバーでもりもり食べてたのにね

20130409-0.jpg

ペレットも牧草もフツーに食べていたし
こんなに激ヤセしていたにも関わらず、ぜんぜん気づきませんでした
やはり、体重は、定期的に計らないといけないですね

体重が増えなかったり、減るようなことがあったら、また受診する予定です
強制給餌用の餌は必要なさそうですが、まろひめが大好きなので、まろひめにあげるかな(^_^;)

てとさん、早く気付いてあげられなくてごめんね・・・・・(ノω・、)

絵文字

一日一花
kako-PhzIBhozsH10Yvpq.jpg
ヒメジョオン(姫女苑)キク科
花言葉は、素朴で清楚

てとさんに、応援ぽちっとな 
てとさん負傷
2013年02月24日 (日) | 編集 |
またまた、やってしまいました・・・(ノ_-。)
失敗しても、二度と繰り返さないことが大切・・・なはずなのですが
私のうっかりミスで、てとさんがまた、脱走しちゃいました

てとさんは、過去二回、脱走したことがあるのですが、いつも、ろくさん部屋に入ってました
ろくさん部屋に入っても、ろくさんは害がないので、問題が起こることはなかったのですが
今回は、不幸にも、リチャ部屋に入って、ひめ蔵さんとバトルしちゃいました (´ω`;)
(私が在宅中でした)

20130223-2.jpg

事件の翌朝、てとさんの右目が閉じたまんまになっていました
目に傷がはいったか、バイ菌でも入ったか・・・・

おちりには、毛を引っこ抜かれて、立派なおはげが・・・・

20130223-3.jpg

ケガは大したことなさそうだけれど、目は心配なので、病院へれっつらごー

20130223-4.jpg

移動の車の中、すっと、キャリーをカジカジしていましたが
病院に着いてからは、固まってました・・・

診察してもらい、むんずとつかまれてチェックすると、内モモに、わりと深いキズがありました
目に関しては、眼球に傷がついているかどうかチェックする液体はあるけれども
液体をつけると、小動物は、気にしていじって、余計に悪いので、しないとのことでした
結果、抗生物質が処方されました

目やにで目があかなかっただけなのか、帰宅した頃には、少し、目が開いてました

20130223-5.jpg

お薬は、4滴を朝夕二回、。なので、ペレットにまぜてあげています

20130223-7.jpg

その後、目はすぐに通常に戻りました(お薬は、一応、今も飲ませています)

てとさん、私のうっかりミスで、ケガさせちゃってごめんね

ちなみに、ひめ蔵さんは、大したことないケガでした

学習能力がないというよりも、おっちょこちょいでどんくさい自分に、嫌気がさします・・・・
ごめんよ、てとさん、ひめちま・・・・・m( __ __ )m

絵文字
一日一花
kako-unjVJRMrrA1gbx75.jpg
ツクシ(土筆)トクサ科
花言葉は、「 努力 」

今日もきてくれてありがとう。ついでに、ぽちっとな 
やってしまいました
2011年06月06日 (月) | 編集 |
一番やってはいけないことを、やってしまいました・・・・

20110606-1.jpg

昨夜、掃除をしていて、ななののを部屋にだしていた時に、ののさんのしっぽをふんづけてしまいました

20110606-2.jpg

これは、今朝の写真です、すでに少し壊死 乾燥してきています
(皮膚とかではなく骨なので、壊死という言葉は違うのかな?と思って、修正しました)

デグさんのしっぽは、外敵から身を守るために、抜けるようにできていて
引っ張ると、途中から抜けてしまいます。もちろん、トカゲじゃないので再生はしません
途中からプツリと切れるのではなく、骨を残して皮などが抜け落ち、出血します

出血は、それほど多くなくて、一応、圧迫止血で止まりました
その後、さほどしっぽを気にする様子もなく、ご飯も食べて元気でした

抜け落ちたしっぽと、今朝のしっぽ
 
※クリックで拡大します

デグ友さんに相談したところ
そのうち乾いて、自然に落ちるか、自分で噛み切るかしてしまう、とのこと

血が止まらないとか、化膿するとかといったことがなければ、受診の必要もなさそうでしたが
私は、すぐに病院に行くーマン、なので、本日、病院へ行ってきました
ついでに、体重が減りも増えもしないまろさんも一緒に連れて行ってきました

ののさん、初めての病院。移動中、ずーっと固まってました
フタを開けても、おやつをあげても、なでなでしても、ピクリとも動きません(^_^;)

20110606-5.jpg

そういえば、福岡から、うちに来た時も、ななさんはもぐもぐ牧草食べてたけれど
ののさんは固まってたなぁ~


で、ののさんの受診の結果は・・・・

しっぽは、皮膚が抜けた部分との『境目』が化膿しやすいそうで、抗生剤が処方されました
私は、残った骨の部分を切ってもらおうと思ったのですが、ダメなんだそうです
しっぽが抜けてすぐなら、ひっつけられるというウワサを耳にしていたのですが
うちの先生が言うには、どんなやっても無理だとか
念のため、一週間後にもう一度連れてくるよう言われました


お薬は、朝夕2回、1ml。多いです。。。。 (Θ_Θ;) ななさんの時は4滴でした
しかも、ななさんはなんでもよく食べる子だったので、あまり苦労しませんでしたが
手を変え品を変え、あれこれしてみてはいますが、なかなか食べてくれなかったり・・・・
しばらく、試行錯誤です
これが、リチャとかろくさんなら、そのままグビグビ飲むんだろうのになぁー


フリーズしていたののさんとは対照的に、まろさんは・・・・

20110606-6.jpg

出せ出せ攻撃が激しいので、黙らせるためにおやつ食べてます
それにしても、なんとも緊張感のないお顔・・・・( ̄ω ̄;)

まろさんの受診結果は、まぁ、今のところ問題なし(実際のところ、血液検査せんとわからんのですけどね)
先生がもにもにしたら、精巣が大きかったそうで、まだ、完全に発情期が終わったのではないみたい
もうしばらくしたら、少し体重増えるかしら?
そして、もにもにされたら帰りはおとなしくじーっとしてました(^_^;)



私が自責の念にかられて落ち込んでるんじゃないかというご心配は無用です
落ち込んでないといえばウソになりますが、後悔先に立たず。落ち込んでいても何も変わりませんしね
でも、しっかりと反省して、これを教訓に、二度とこんなことが起こらないよう気をつけます

ののさん、ごめんね


<追記> 尾抜けについての補足です。

私は、シマリスさんもしっぽをつかむと簡単に抜けてしまうということは知っていたのですが
てっきり途中から切れるのだと思っていました
シマリスさんも、デグさんと同じく、尾の皮膚が抜けるそうです
(皮膚が抜けず途中から切れることもあるようです)
デグさんと違うのは、シマリスさんの場合は、尾抜けの時にほとんど出血しないのだとか

シマリスの尾抜け:尾に皮下組織(皮膚と筋肉の間にある結合組織)が乏しいため
尾をつかむと尾の皮膚が抜けてしまい、尾推(尾の骨)や筋肉が露出してしまう。
尾の皮膚は抜けると上皮下(再生)しない。(ザ・リス 誠文堂新光社 より)

絵文字

一日一花
kako-k0bSP2MMigLLgZ8F.jpg
デイゴ(梯梧)マメ科
花言葉は、夢

今日もきてくれてありがとう 
ケガから一週間
2011年04月26日 (火) | 編集 |
ハッピーもふもふプロジェクトに、早速のご参加、募金、応援のお言葉、本当にありがとうございます
個人ができることは小さいけれど、このみんなの想いは、きっと大きな力になると思います
一日も早く、ひとも動物も安心して暮らせる日がもどりますように・・・・
それまで、私もがんばりますので、よろしくお願いいたします

絵文字

ななさんのケガから、一週間以上が過ぎました
日曜日に、再診に行ってきましたが、手のキズがふさがっていて、先生も驚いていました
もう、壊死するといった心配はないそうです
デグ友さんが、『 デグーはとっても回復が早い 』 と教えて下さいましたが、ホント早くて驚きです!!

20110424-5.jpg
とまり木の上でダンゴになる、デグ姉妹
下がななさんで、上がののさん。 ケガ人が下って、どーなのよ・・・・ゞ( ̄∇ ̄;)

取れかけていた爪は、日曜日の朝見たら、取れて、よく見るとすでに新しい爪が顔をだしていました
右手はまだ腫れているし、グーにしていることが多いですが、もう大丈夫そうです
もうしばらくお薬は続けなきゃですが、一時はどうなることかと思ったけど、ほんとよかったです
みなさん、ご心配おかけしましたが、ありがとうございました(^人^)感謝♪

20110425-2.jpg
(下:ののさん、上:ななさん)

今も、留守中は、ななさんにはひとりで過ごしてもらって、在宅時にはななののを一緒にしています
ケガが完全に治ったら、今度は、同居をどうするかが課題になってきますね~

てとさんは、なんだかわかりませんが、相変わらずこんな感じです・・・・

20110424-6.jpg
(左:ののさん、右:てとさん)

3デグさんの中で、ののさんが一番体格も大きく、強い立場にあるので
てとさんは、そこまでののさんにはむかったりはしませんが、時々、プイプイやってるのはやってます(~_~;)

てとさん、お願いだからこれ以上、ケンカしないでね

20110424-7.jpg

ほんと、かわいい顔して・・・・・・(-ω-;)ニクサヒャクバイ
ななさんのケガが完全によくなったら、てとさん独居房ケッテイだな


ななさん、別居一週間で、給水ボトルをかじりまくって、ついに穴あけちゃいました

kako-oBJHraM9kGoItbnu.jpg

うさぎさんとか犬猫用のやつで、かなり太いんですけどね・・・・
まぁ、ななさん、そんだけ元気ってことで、めでたしめでたし

絵文字

ななさんの再診のついでに、実は、まろさんも受診してきました
発情期も、もう終わりかと思うのですが(と、けっこうずっといってる気がする・・・)
体重が、また減っていたので、元気だし、よく食べてるし、何も問題なさそうだけど、ついでに~ってことで

20110425-1.jpg

ウソです。発情期中ってこともあるんでしょうけど、チュンチュン、キィキィよく鳴いとりましたよ
もちろん、先生にもにもにされてる間、うんぽもちっこもしまくりでした
ななさんは全くしないんですけどね、種の違いでしょかね?性格の違い??

で、とりあえず、まろさん、異常なし
ただ、実際のところは、血液検査をしなければ、わからないそうです
これ以上、体重が減るようならまた来てくださいとのことでした

まろにだけ、色々と食べさせてはいるんですけどね
なにぶん、オデブーひめ蔵さんと一緒なので、横取りされたり、寝床に持ちかえったのをひめ蔵さんが食べたり・・・

デグさんにしても、まろひめにしても、多頭飼いって難しいですね


おまけの、まろさんのっけシリーズ ~ コデマリ
20110425-0.jpg


一日一花
kako-rKQPWt90KHrfKbvB.jpg
タムラソウ(キク科)
花言葉は、あなただけ


一日一回クリック。小さなことをコツコツ長~く → 東北関東大震災 緊急支援クリック募金

今日もきてくれて、ありがとう 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。